みなさん、こんにちは。
ひであきです。

昨日の取引態様の話をしましたね。
そこ一般、専任、専属の表示があると言いました。

それぞれの言葉は以下の通りです。
一般=一般媒介
専任=専任媒介
専属=専属専任媒介

それぞれの違いは売主さんと仲介する不動産業者との媒介契約の違いになります。
3種類の契約があるということですね。

ちなみに媒介と仲介は同じ意味です。

一般媒介は売主さんがたくさんの不動産業者に仲介を依頼する契約です。

専任媒介は売主さんが一つの不動産業者にのみ仲介を依頼する契約です。

専属専任媒介は売主さんが一つの不動産業者にのみ仲介を依頼することまでは専任媒介と同じです。
しかし売主さん自らが買主さんを見つけたときにもその不動産業者の仲介をしてもらわなくてはいけない契約です。

専任と専属の違いは売主さん自らが買主さんを見つけた場合の違いだけです。
こういう違いがあるのです。

では一般と専任と専属とどれがいいのか。
一般的には一般媒介の方がたくさんの不動産会社に依頼できるので、一見良いようにみえますね。

しかし不動産業者の立場からすると、一般媒介の契約のときには、いつ別の不動産業者が買主を見つけて契約してしまうかわかりません。
ですから不動産業者は専任か専属の契約にしたいと想っています。

売主さんもその方が早く買い手が見つかる可能性がありますね。
不動産業者は専任、専属の媒介契約を結んだときはたくさんの不動産業者にしてもらうためにレインズという不動産業者が情報を共有するシステムを持っています。

そこに登録することが義務付けられていますので、結果的に一般媒介と同じようにたくさんの不動産業者に情報がまわることが起きています。
情報が早く拡散する方が早く買い手さんも見つかりますからね。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

※トップの写真はfujiwaraさんによる写真ACからの写真