みなさん、こんにちは。
ひであきです。

不動産の資料ってみたことありますか?
マイソクと呼ばれることもあるかな。
いいな~と想った不動産を不動産屋さんから案内書を貰うでしょ。
そこに「取引態様」っていうのがあります。
そこに一般か専任か専属かと表示されている場合には、その不動産屋さんはその資料の対象になっているふどうさんの仲介をしていますということになります。

ちなみに「一般」「専任」「専属」の違いは明日やりますね。
この三つのいずれかの表示のときは仲介物件であるということがわかります。
仲介物件の際には仲介手数料がかかるということです。

また「売主」という表示もあるときがあります。
これは時の通り、その資料をくれた不動産屋さんが売主なんですね。
ということは、売主なので仲介手数料はかかりません。

ですから仲介手数料をかからないようにしたいと思うときは売主の表示をみればいいですね。
もちろん気に入った不動産が仲介物件でしか出ていないことも多いです。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

※とトップの写真Hamattiさんによる写真ACからの写真