みなさん、こんにちは。
ひであきです。

不動産の売買の際には必ず境界を明示するように契約書に書かれている場合が多いですね。
売却するときには売主さんに境界を明示する義務があります。
境界の明示には大きく2種類あります。
ひとつは境界の隣地との立ち合いの上で境界を明確にする場合。
もう一つは境界協定と言って、隣地のみならず、道路の所有者、道路反対側の所有者、そして隣地の人たちすべての立ち合いを印鑑を貰う場合とあります。
当然ですが境界協定の方が明確になり、しかも書面が残りますので間違いないものになります。
また境界協定をした場合には、実測の数値が明確になりますから、その数字で登記の㎡数を更新しておかなければなりません。
ですから境界協定の方がお金がかかるわけです。
でもね、その土地の大きさを明確にできるものであるから、やはり境界協定をお勧めいたします。
ちなみにすでに境界協定を終え、登記、公図までシッカリ更新してあるところについては、もう境界協定を行う必要はありません。
ずっと有効になるわけですね。
しかしながら境界協定の仕方はあくまで任意なので、絶対に境界協定までしなくてはいけません!というわけでもないのです。
ある意味その辺りが返って混乱を招いているところかもしれませんね。

ご相談はメールでおまちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

※トップの写真は雰囲気イケメンさんによる写真ACからの写真