みなさん、こんにちは。
ひであきです。

今日は不動産の売却の際に注意することお話です。

例えば住宅ローンを組んで家を買っているとします。
その際に奥さんが連帯保証人になっているとしたら何かのときには問題になります。

そもそもその連帯保証人は夫が支払えなくなったら妻が返済していきますという約束をしたものです。
ですから妻に収入があろうがなかろうが、請求されてしまうものだと想ってください。
ようするに支払い義務があるのです。

さてここで問題になるのが、離婚となったときです。
離婚自体は連帯保証人を免れるものではありません。
離婚しても、元夫が支払えなくなった住宅ローン支払っていかなくてはならなくなるのです。

子育てをする。
家賃を払う。
生活をする。
さらに住宅ローンを支払う。
無理ですよね。

連帯保証人になっているとしたら注意してくださいね。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

※トップの写真はgenta80さんによる写真ACからの写真