みなさん、こんにちは。
ひであきです。

今日は不動産の売買も賃貸も個人間で取引できるのかのお話をしたいと想います。

答えはできます。
個人間での取引はできるということです。
もちろん法律的に問題もありません。

ただし不動産屋さんは仲介で入る意味が実はかなり大きいです。
何故かというと、そもそも売買も賃貸も売る側と買う側、貸す側と借りる側で、取引上どうしても相いれない、言ってしまうとそれぞれの権利や義務の主張があるということなんですね。
ということは、それぞれの立場でそれぞれの意見をぶつけ合いながら取引を完成させていくことが、当事者同士だとどうしても感情が出てきてしまって、結果纏まらないなんてことも多くあります。
そういう相いれないそれぞれの立場を考慮しながら、売買や賃貸をまとめていく、しかも法律も知り、不動産のイロハを知ってまとめていくわけですから、不動産屋さんが仲介に入る意味というのは確かにあるわけです。

この前は借地権の更新の手続きをお願いしたいということもあって、仲介という立場ではなく、契約書作成となどを行いました。
契約書作成だけでは私が入った意味がありませんから、それぞれの立場と現状、現実を考慮して作成させていただきました。
シッカリとした契約書としてできましたよ。
これから更新する際にもスムーズにできるようになっています。

ちょっとした賃貸のことですけれども、こういうときもプロは入ることで、これからの流れも良くなっていきますよね。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

※トップの写真はFineGraphicsさんによる写真ACからの写真