こんにちは。
ひであきです。

今日は「不動産競売」のお話しします。

「不動産競売」というのは、裁判所から不動産の売却を進めていくものです。
裁判所では公に広く競売する不動産を購入したい人を集めて、その人たちに入札をしてもらい、高値で落札した人に売却します。

主要な都市の裁判所にいくと競売物件を閲覧できる場所があって、そこにいけば現在公告されている不動産の内容を見ることができます。
これは誰でも閲覧することができて、もちろん入札もできます。

これまでの話は入札に参加して購入する側の話です。
これからの話は競売にかけられる側の逆の立場からお話しもしておきますね。

住宅ローンの返済に困って競売にかけられたとします。
そうなると「競売」になって強制的に売却されていきます。

住んでいる、病気である、他に行くところがない、など全く関係なく売却されてしまいます。
要するに所有している人、住んでいる人などお構いなしに強制的に売却されてしまうのです。
ローンの返済をしていないのだから当然といえば当然でしょう。

しかしもう少し何かないものか。
そんな風に思えてしまうくらいに、住んでいる人、所有している人には本当に困っている理由があったりします。
それでも強制的に売却なのです。
売却後が住んでいる人がどうなっても関係ありません。
明け渡して出ていかなければならないのです。

参考になる、同感だ、など感じたら、ぜひチャンネル登録をお願いいたします。
また共感していただけたらコメントなどいただけると嬉しいです。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

※トップの写真はtoraemonさんによる写真ACからの写真