みなさん、こんにちは。
ひであきです。

今日は不動産を購入したときにかかる諸経費はいくらくらいかかるのかというお話です。

買う不動産によってある程度前後しますが、だいたい売買価格の1割くらいを目安とすると良いでしょう。
かかる費用は以下のものが多いですね。
・登記諸費用
・仲介手数料
・印紙代
・不動産取得税
・引っ越し費用
・リフォーム費用
‥など
この他にもその時々でかかるものもありそうです。

上記のかかる費用で、本当に不動産を購入し所有権の移転をするまでであるなら、登記諸費用、仲介手数料、印紙代という感じです。
不動産取得税は5,6カ月後に都道府県から請求書がきます。

不動産取得税は購入者自ら住んでいく住宅については土地についても建物についても減税があります。
土地の広さ、建物の大きさにもよりますが、通常よく取引されている住宅についてはほとんど不動産取得税はかからなくなると想います。
かからなくなるというのは、そういう手続きをすればということですね。

諸経費はいずれにしても住宅を購入するというのは一大イベントです。
今後の生活も見据えながら購入を考えていきたいですね。

チャンネル登録はこちら ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCgsKCIF1hOnbBSbffZt2S8Q/featured?sub_confirmation=1

動画はこちら ⇒ https://youtu.be/LV9W2TFoV_0

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

※トップの写真は紺色らいおんさんによる写真ACからの写真