みなさん、こんにちは。
ひであきです。

今日は住宅ローンを借りられるかどうかを判断するのに返済比率というものがります。
返済比率はそれぞれ年収でおおよそ決まっています。
金融機関によって微妙に変化もしています。

ネットで検索したときに出てきたものは以下の感じです。
100万円以上300万円未満 20%以下
300万円以上450万円未満 30%以下
450万円以上600万円未満 35%以下
600万円以上    40%以下

例えば年収が400万円ある人の場合の計算方法は以下の通りです。
400万円 × 30% = 120万円
年収400万円ある方は年間のローンの支払いが120万円できるという判断です。
年間120万円ということは。
120万円 ÷ 12カ月  = 月々10万円
月々10万円の支払い能力があると考えられます。

このローンの支払いは住宅ローンだけではなく、他のローンも含めて月々10万円の支払い能力となります。
ですから住宅ローンを組みたいときに他にローンがある場合にはそのローン自体が住宅ローン借り入れのネックになったりします。
ご注意くださいね。

ちなみに私が返済比率を計算するときは年収の25%くらいを目安にしていました。
あまり大きいと生活に支障がでたりします。

特に住宅ローンは25年、30年、35年と長い期間になります。
この長い期間に何もないことがありえませんよね。
ということも考慮してできるだけローンの返済は小さくしておく方がいいのです。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

※トップの写真はbBearさんによる写真ACからの写真