みなさん、こんにちは。
ひであきです。

今日は借地権の売却のお話です。

借地上に建物を持っている方は、その家自体が必要なくなるときもありますね。
そのときには2つの方法があります。
まず一つは、家を取り壊し、借地の権利をなくして土地をお返しする方法。
もう一つは、借地上の建物と借地権を一緒に売却する方法です。

借地権と建物の売却をする際には地主さんの承諾が必要です。
承諾がもらえないときには裁判所に申し立てをして、それに代わる許可をもらいます。

しかし裁判所に訴え出て許可をもらっての売却は、現実に地主さんの了解は得ていないわけです。
ということはその建物と借地権を購入する人はそのリスクを負う形になってしまいます。
そういうことから、裁判所からの許可をもらうというのは最終手段といっていいでしょう。

できることなら穏便にすませたいですよね。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

※トップの写真はtomasaさんによる写真ACからの写真