みなさん、こんにちは。
ひであきです。

建物と土地の所有者が違う場合には色々と注意が必要です。
まずそれぞれの所有者が売却の意思が明確かどうか。
さらにそれぞれの所有者は存命かどうか。
そして売却の意思も痴呆になっているなど明確な意思も確実なものであるかどうか。
建物の居住者と所有者は同じ人かどうか。
などなど、とにかく注意しなければならないことが多いです。
確認せずに売却するとあとでトラブルになりますからご注意くださいね。
相談するので有ればプロにしてください。
もちろんわたしも相談を受け付けております。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

※トップの写真はtomasaさんによる写真ACからの写真