みなさん、こんにちは。
ひであきです。

家付きの不動産を売却したいときにどうやって売っていくのかというお話です。
家付きですから建物が古くて売れないんじゃないかとか、取り壊して更地にしてからじゃないと売れないんじゃないかと思いますよね。

でも大丈夫。
売却するときに以下の3つの方法で売却できます。

1つ目はそのまま家つきのまま売却。
古くても使える家であるならそのままの売却の方がよいこともあるんですね。
ですからそのままで売却ですね。

2つ目に建物を取り壊して更地での売却ですね。
これはどうしても建物が古すぎて利用できないときにとる方法ですね。
更地の方が売却しやすいという利点もあります。
なぜ更地の方がいいかというと、ほとんどの人が土地を購入してから自宅を建てることを考えています。
ということから、更地の方が自分の建物を建てた時の想像がしやすいということがあるんです。
ですから更地が有利であることもあります。

3つ目に建物はそのままで、売却が決まってから取り壊す方法ですね。
建物を取り壊すのには約100万円~200万円くらいかかります。
その費用を先に支払っていくのはとても大変ですよね。
その際にはとりあえず「更地渡し」として建物そのままで売却を開始して、正式に契約になってから取り壊すことをしていきます。
実際に取壊し費用を支払うのは買主さんからの手付金支払い時や最終金の支払いのときです。

このように家付きの売却でも売主さんの都合によって売却方法がかわったり、家の質によっても変わります。
まずはどのような状況なのかお聞かせ下さい。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

※トップの写真はHamattiさんによる写真ACからの写真