こんにちは。
ひであきです。

今日は抵当権についてお話しします。

よく不動産の登記簿を見ると抵当権という表示を見ますね。
登記簿みる機会がない方には少し遠い存在かもしれません。

それでも金融機関から借入をしたときに、不動産などに抵当権を付けることがありますね。
「不動産を担保に入れる」そんな言葉を聴いたことがあるかもしれません。
その担保に入れることを抵当権を付けるということなのです。

では抵当権はどういうものなのか。
抵当権はもし万が一、借入したお金の返済が滞ることがあたっときには、その担保を入れた不動産、抵当権を付けた不動産を売却して返済にあてます。
その返済の先は抵当権を付けた金融機関が回収します、という約束を基につけている権利です。

もっといってしまうと、返済できなかったときにはこの不動産を売却することの権利を金融機関に渡しますということなのです。
ですから、返済ができなくなるとその金融機関は回収のために裁判所に訴え出て、競売にかけて回収することもできるのです。
そういうかなり強制的な権利でもあるのです。

抵当権がある不動産のお持ちの方はたくさんいると想います。
ご自分の不動産ですから、あとどれだけの返済と期間があるのかくらいは知っておく必要がありますね。

面白い、参考になる、同感だ、など感じたら、ぜひチャンネル登録をお願いいたします。
またコメントなどいただけると嬉しいです。

チャンネル登録はこちら ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCgsKCIF1hOnbBSbffZt2S8Q/featured?sub_confirmation=1

動画はこちら ⇒ https://youtu.be/-RkM7VpkImY

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

※トップの写真はきなこもちさんによる写真ACからの写真