みなさん、こんにちは。
ひであきです。

民法改正により色々な法律が変わりました。
これから少しずつ触れていきますね。
ちなみにその施行は2020年4月からです。

まずは相続の対象になった自宅の配偶者居住権です。
自宅が相続になった場合の配偶者の居住権を保護すための法律ができました。
相続後も配偶者が終身に渡り住み続けることができる権利を取得することができます。
しかもその配偶者居住権は登記もできます。
登記ができるということは第三者への対抗もできることになります。

さらにその自宅財産には所有権と配偶者居住権としてわけられることになります。
ですから評価額もそれぞれ権利を算出した評価となります。
配偶者が事実上自宅を終身に渡り使い続ける権利を持つと同時に、相続時の配偶者控除にもおいても自宅部分が算定した評価になるということで、その分配偶者控除を増やせることになります。

その場合に注意が必要なのは2次相続時ですね。
その辺りの計算もしておかないとシッカリとして節税にはならないでしょう。

ちなみに配偶者短期居住権というのも新設されました。
これは遺産分割協議終了するまでか、相続開始6ヵ月までのいずれか遅い日までの間は所有権を相続する相続人に引き続き無償で使用することができる権利となります。
この法律の新設の意味は遺産分割協議が難航したとしても、配偶者はその間もずっとその自宅に住み続ける権利を持っていることになります。
要するに配偶者が長期の居住権を登記できるまで、その権利を取得するまでの経過措置とみていいと想います。

相談メールにて ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

※トップの写真はacworksさんによる写真ACからの写真