こちらの物件、築15年のRCマンション。お部屋タイプは全て1LDK。

南向きのお部屋が14戸、東向き6戸。駐車場は各部屋1台のみ。

外壁もそろそろリフォームが必要です。

設備は15年前のまま。そして内装は何の変哲もないお部屋。

空室を埋めるための以前の管理会社の提案は「家賃を下げましょう。」

だから家賃30,000円の部屋もありました。

ハートエントランスで管理を引き継いだ時は20室中6戸空室、2戸空予定。

「家賃は近隣の相場並みで良いでしょう」

「この古臭い外壁のイメージを変えましょう」

「物件の入口看板も変えましょう」

「空いているお部屋はアクセントクロスを使いながらリフォームしましょう」

「エアコン、インターフォンは交換しましょう」

「入居者無料wifi設備も導入しましょう」

「放置自転車は撤去して共用スペースはキレイにを心掛けましょう」

自転車シール

以上なような具合でオーナーと二人三脚で空室対策に取り組みました。

その間にも退去したり、入居したり。中々満室には遠いかな~

空室対策が功を奏してきたのか、毎日のように問い合わせが入ってきました。

303号室、202号室、101号室・・・決まってきました。

そして最後に東向きの205号室決まりました!

“満室達成!“  やったー!

お部屋は大切に愛情を注いであげると、自らお客様にアピールするんです!

(これ私の持論)