みなさん、こんにちは。
ひであきです。

今日はアパートの一室を借りている親がなくなったら、その部屋はどうなるかのお話をしたいと想います。

借りているその部屋は、その借りた状態のまま相続します。
いるいらないにかかわらず、相続人のものになるのです。

ということは、アパートの家賃の支払いはどうするのか。
当然に相続人さんが支払うことになります。

これは借地権の場合も同じです。
借地権上の家は相続人さんが相続するわけですから、その地代の支払う義務もでてくるのです。

亡くなったら借りているアパートの一室の権利はなくなりませんので注意してくださいね。
もしも必要ない部屋だとしたら、シッカリ解約手続きを進めましょう。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

 

 

※トップの写真はカメラ兄さんさんによる写真ACからの写真