「相続対策にアパート建てませんか!」

畑にアパートを建てることにより土地の評価を圧縮

借金をして相続総額を圧縮させることが出来ます。

よくハウスメーカーの営業マンから言われますよね?

我が家もそのように言われて35年前にアパート経営を

はじめました。

今では11棟のアパートと戸建の賃貸を6棟、高齢者

施設を1棟保有しています。

現在は借金が多くて相続が発生しても相続税は

「0円」です。

その上減価償却もあり毎年の所得税も「0円」です。

相続が発生しても大丈夫! ???

今年は長い夏休みを貰いましたので、3年後、5年後、

10年後相続が発生した場合はどうなるのか試算して

みました。

そうしたら⁉

借金は減っていきます・・・

3年後に相続が発生した場合は1200万円

5年後には3000万円、10年後は8000万円の

相続税の支払いが想定されました。

賃貸物件は老朽化もあり、退去をすると多額の修繕費に

頭を悩ませます。

昨年度は10戸の退去があり所得も大幅減少

我が家の物件は前にもお話しましたが、環状線外側

条件が悪いのです。

入居してもらうにも経費が掛かります。

だから賃貸経営はカツカツです。

そこに多額の相続税の支払いとなったら・・・

相続には税金だけでなく、登記の費用、税理士さんへの

申告報酬の支払い等々の経費も発生します。

どうしたら良いの・・・どこから準備したら良いの

医学も発達し、高齢者の寿命も延びています。

相続対策で始めたアパート経営ですが、もうすぐ30年

ローンが終わります。借金の残高は減っていきます。

認知症になったら借金をすることも出来ません。

「2代目大家さん」同じようなお悩みありますよね?

相続は1人、1人のお客様でご事情が違います。

相続は時には「争族」にもなります。

相続財産の大半は不動産です。

ハートエントランスは相続のプロとして、不動産のプロとして

お一人お一人の事情を勘案した相続対策を提案し、

実行のお手伝いを全力で進めさせていただきます。

ハートエントランスでは税理士との月1回の決算会で

3年後、5年後、10年後を見据えた相続対策の検討を

行っています。

相続対策は、自社株対策、贈与も、譲渡も関わって

きます。専門家のブレーンは力強いですね。

我が家の今後の相続対策・・・聞きたい!

二代目大家さん1人で悩まないで一緒に考えましょう!

あなたのご家庭の事情に合った最善の方法を