みなさん、こんにちは。
ひであきです。

不動産の売買契約後にやめることができるのかというお話です。
これはできます。
しかしペナルティもあります。

不動産の売買契約後にやっぱり購入を辞めたくなる時があります。
もちろんそれが簡単にあってはならないことなのですが、その時は気持ちが盛り上がって契約してしまったけれども、よく考えてみたらということもね。

これからそこに一生住んでいく住宅を購入するための不動産売買が多いはずですね。
そのために場所ですから、どうしても購入したくないものを買ってもいいことありませんものね。

ではやめるときの方法ですが、それが手付解除ということになります。
売買契約の時にやりとりする手付金ですね。
その手付金は法律上、解約手付とされていて、売主さんは手付金の倍額を、買主さんは手付金の放棄をすることで契約の解除ができます。

とはいえ、手付金といっても比較的多くの金額を入れている場合が多いですよね。
10万円とか50万円とか、場合によっては100万円とかね。
その手付金をやめたいからといって放棄するのはさすがに躊躇しますよね。
でも解除する際には放棄しなければならない。
これも契約書上にかかれていることが多いですから、契約上仕方のない支払いになるのです。

手付放棄もしたくない、でも契約は解除したい。
それはもう約束を果たしていないことになりますから、そもそも契約をしてはいけなかったものなんですね。

ですから不動産を契約する際にはシッカリと購入することを心に決めて契約しなくてはなりません。
途中でやめることのないようにね。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

※トップの写真はクロッシングさんによる写真ACからの写真