みなさん、こんにちは。
ひであきです。
返済できない家を手放さなくて済む(住む)専門家です。
詳細はこちら ⇒ https://peraichi.com/landing_pages/view/heartentrance

住宅ローンを3回くらい遅れると、金融機関は保証会社から本人の代わりに弁済を受けて、それ以降はその保証会社から本人対し全額返済を求めます。
全額弁済しか方法はありませんから、保証会社への代位弁済がなされたときは、もう返済はできないものと考えなければなりません。
そうなると、任意売却をするか、競売にするかの選択になるのです。
ちなみにどこで保証会社が出て来たかというと、皆さんが住宅ローンを組む際に、「保証料」を支払いませんでしたか?
それが保証会社へ何かのときは代位弁済をお願いしますという契約をしているのです。
気付いていますでしょうか。
知らない間に住宅ローンの書類にたくさんの記名押印をしましたよね。
実はその中にそういう契約書が存在しているのです。
書類がまだ残っている方はよく確認してください。
そうなっていますよ。

ご相談はメールでおまちしております ⇒ suzkiiemamoru0001@gmail.com

 

 

※トップの写真まぽ (S-cait)さんによる写真ACからの写真