みなさん、こんにちは。
ひであきです。

遺言には附言というものがあります。
附言はまさしく付けておく言葉という感じです。

内容は遺言する方の想いをシッカリ書き留るということなんです。
相続はどうしても財産がからみますね。
その財産の分け方などでもめることもあると想います。
その時に附言をつけておくと、相続人の想いはこうだったから、この分割の仕方だったんだっていうことがわかるようになるです。

でもね、もう最初から遺言なんてものは遺産分割協議書で書き換えられる言い出す相続人もいます。
遺言内容も、附言も無視することになるんですね。
遺言者の言葉を無視です。
どうなんでしょうかね。
残念な相続人もいるんです。

附言の書き方にはコツがあると想います。

ご相談はメールでお待ちしております ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

 

 

 

※トップの写真はhimawariinさんによる写真ACからの写真