みなさん、こんにちは。
ひであきです。

建物の登記は借入などが伴うことも多いので登記してあることは普通にあります。
しかし増築の時の登記は怠っているひとが多いので注意して下さい。

売却の際には増築部分の登記をすることも必要です。
また床面積10㎡を超える増築には建築確認も必要になります。

この建築確認を取らずに増築していると、その建物全体が違法建築とみなされてしまうので注意してください。
建築確認は建築する前に取得するものですから、増築後に建築確認を取ることはできません。

そういう建物を売却したいときには増築部分の取り壊しをして元に戻すなどの必要性が出てきます。
そうやっても今度は固定資産税の再度の評価し直しなども必要になります。

やはり例え小さい増築でも建築確認確認は取得しておくべきですね。

疑問質問ははこちらへ ⇒ gracesusan0003@gmail.com

 

※トップの写真ははむぱんさんによる写真ACからの写真です。