6月27日(火)の大家ミーティングではトロントの

住宅事情を報告

トロントはカナダ最大の都市治安も良く、社会

保障も充実した国です

そのため毎年人口が増え続け住宅着工が追い付か

ない程です

不動産の価格も上昇中! 羨まし~

下の写真はベイエリアの全面ガラス張りの高級

マンション 地震が無いのでこんな建物が建つ

そうです

下はYOKE VILLE というエリア

日本でいうところの白金、代官山だそうです

上階部分が居住スペース 古いマンションですが

分譲だと億ションだということです

賃貸だったらお家賃高かそ~

下は新しく再開発されたエリアの住宅です

金融街に勤務する若い人たちが多く移り住んでいます

1階、2階がメゾネットの住宅 3階と半地下も別々に

賃貸されています

そして下のように新しいマンションがたくさん

建てられています

地震の多い国、日本では建築許可が下りないかも

建築中に階数が増えることもあるそうです

のんびりした国なのでいつできるか予定は未との

ことです

下は以前は工場地帯で治安が悪く、あまり地元の

人は近づかなかったエリア

現在は再開発をしてショップや事務所にリノベーション

多くの人々が住む街になっています

そして下は、ワーキングホリデーでお仕事している

ガイドさんが住む町です

ガイドさんは半地下のお部屋を賃貸しているとの

ことです

あれ? 右側と左側で屋根の色が違う?

外壁の色も違う家もあります

右側と左側で持ち主が違うそうです

オーナーが1階と2階を使用して、屋根裏部屋と

半地下のお部屋を賃貸するそうです

お家のメンテナンスは話し合うことなく勝手に

やるので色が違うこともしばしば

トロントの賃貸は高級賃貸以外は個人対個人での

契約になります

だから騙されることもしばしばあるようです

下は現在建築中です

ブロックの土台? 日本では考えられませんね

屋根裏部屋と半地下のお部屋もあります

自分で住みながら賃貸もする 堅実です

下のお家は現在販売中

トロントと日本の住宅事情の違いを見ながら

カーサロマという電力王の個人のお城の

壁紙の使い方、床のタイルの貼り方参考になる

話がはずんで時間オーバーで大家ミーティング終了

しました

次回は7月21日(金)10時から開催します